六本木クラス:「梨泰院クラス」日本版 「思った以上に再現度高い」と話題に 挿入歌にも驚きの声

連続ドラマ「六本木クラス」の一場面(C)Kwang jin /tv asahi
1 / 1
連続ドラマ「六本木クラス」の一場面(C)Kwang jin /tv asahi

 大ヒット韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」をリメークした竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第1話が7月7日に放送され、視聴者から「思った以上に再現度高いwww」「なかなか再現度高くて楽しい!!」といった声が相次いだ。

 ドラマは「梨泰院クラス」の原作(マンガ)の設定を日本版に翻案したマンガ「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」が原作。日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の会長・長屋茂(香川照之さん)に絶望のふちに立たされた主人公・宮部新(みやべ・あらた、竹内さん)が復讐(ふくしゅう)を誓い、下剋上に生きる姿を全13話で描く。

 第1話は、高校生インフルエンサーの麻宮葵(平手友梨奈さん)がクラブで踊るシーンから始まった。葵は、外国人女性に声をかけられると、「よかったら遊びに来て」と「二代目みやべ」と書かれた名刺を差し出した。

 そして一転、舞台は2006年秋に。高校生の新は警察官になることを夢見ながら、長屋ホールディングスに勤める父・信二(光石研さん)と仲良く暮らしていたが、ある痛ましい事件が起きて……と展開した。

 SNSでは「梨泰院に忠実ですごい満足感」「展開は早いけど再現度は高いな」「再現率高い、とくに新木(優子)さんのビジュアルそっくり」「会長の部屋、再現度高いなwww」といったコメントが次々と上がった。

 また、挿入歌にも注目が集まった。「梨泰院クラス」のメインテーマのGAHOさんの「START」の日本語カバーで、THE BEAT GARDEN(ビートガーデン)の「Start Over」がサプライズで流れ、「STARTが挿入歌に使われてる!」「おー、このBGM使ってくれるのは良い!」といったコメントが書き込まれていた。

テレビ 最新記事