競争の番人:寺島しのぶが熱い正義心のある審査長に 坂口健太郎の過去を知る唯一の人物

連続ドラマ「競争の番人」で本庄聡子を演じる寺島しのぶさん (C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「競争の番人」で本庄聡子を演じる寺島しのぶさん (C)フジテレビ

 俳優の坂口健太郎さんと女優の杏さんダブル主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「競争の番人」(月曜午後9時、初回30分拡大)が7月11日に始まる。原作は5月に発売された新川帆立さんの同名小説(講談社)。20歳で司法試験に合格して東大法学部を首席で卒業した小勝負勉(こしょうぶ・つとむ/坂口さん)、実直・直情径行型の元刑事で新人職員の白熊楓(杏さん)ら公正取引委員会第六審査(通称ダイロク)職員が、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出す姿を描く。

 ここでは、寺島しのぶさんが演じる本庄聡子を紹介する。

 ◇普段は物腰穏やかで上品

 本庄はダイロクの審査長。元々、公取委は第一審査から第五審査まで。ダイロクは公取委の可能性を広げるため本庄が新たに作った。本庄は、謎の多い小勝負の過去を知る唯一の人物でもある。

 公取調査上の重要事項は委員長と4人の委員の議決で決められる。普段は物腰穏やかで上品な本庄だが、企業の不正を暴く証拠を見つけるためには委員会トップを説得するなど、誰よりも熱い正義心がある。

 ◇初回ストーリー

 刑事の白熊(杏さん)はミスをしてダイロクへ異動。勢いよくあいさつして入室したものの、出迎えたのは主査の桃園千代子(小池栄子さん)だけ。他のメンバーは入札談合容疑で大手建設会社への立ち入り検査中。白熊は桃園と共に現場へ向かう。

 現場で桃園は白熊にメンバーを紹介する。キャップの風見慎一(大倉孝二さん)や六角洸介(加藤清史郎さん)、紺野守里(石川萌香さん)があいさつ。桃園は、もう1人の小勝負(坂口さん)の存在を白熊に教える。メンバーが次々に公取委の立場の弱さの愚痴をこぼす中、白熊は不審な社員を発見する。

 白熊の視線に気付いた豊島浩平(長谷川朝晴さん)は、ファイルを持って部屋から逃げ出す。白熊に追われる豊島は資料室に入り、そこにいた男にファイルを渡そうとするが、白熊が豊島と男を確保。豊島が白熊に抵抗すると、男は「証拠隠滅は検査妨害」と話す。疑問を抱く白熊に、男は小勝負と名乗る。

 ダイロクへ戻ったメンバーは、留置した資料を調べ始める。白熊が地味な作業にうんざりしていると、桃園や風見は小勝負について東大法学部を首席で卒業した人物と教える。そこへ本庄が現れ、白熊に「小勝負を頼む」と謎の言葉を掛け……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画