競争の番人:最終話 “小勝負”坂口健太郎が立て籠もりの人質に 事件の裏の不正とは?

連続ドラマ「競争の番人」最終話の一場面 (C)フジテレビ
1 / 10
連続ドラマ「競争の番人」最終話の一場面 (C)フジテレビ

 俳優の坂口健太郎さんと女優の杏さんダブル主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「競争の番人」(月曜午後9時)最終第11話が9月19日に放送される。予告映像には「ダイロク 新たな戦いへ」「小勝負が立て籠もりの人質に!」「前代未聞の公開聴取」などの文字が並ぶ。

 小勝負勉(坂口さん)、白熊楓(杏さん)ら公正取引委員会第六審査(通称ダイロク)は、国土交通省事務次官の藤堂清正(小日向文世さん)を頂点とする談合疑惑を解明するが、強引な調査が問題視された小勝負は四国支所へ異動となる。

 故郷の四国で小勝負は藤堂の一件などを父の墓前に報告。その足で懐かしいご当地パンを買おうと商店街へ向かうも、閉店した店が多い。大手スーパー「エースマート」で店員の北川亜沙子(若月佑美さん)からパンを買うも、その安さに疑問を持って店内を見て回っていると、店長の松尾優(迫田孝也さん)に万引き犯と間違われる。店の裏で小勝負が説明していると、店内から悲鳴。松尾が様子を見に行くと、銃声が鳴り響く。

 小勝負が松尾の後を追うと、猟銃を持つ男が従業員を脅している。駆け付けた警官に男は「近付いたら人質を殺す」と叫ぶ。男の要求は、エースマートの社長・大谷正和(袴田吉彦さん)を連れてくること。男は閉店したケーキ店の店主・田嶋忠信(加藤虎ノ介さん)だと北川が小勝負に教える。

 マスコミが中継する中、小勝負は田嶋と話し始める。大型スーパー出店で次々に地元商店が閉店したことを知った小勝負は不当廉売に思い当たり、ダイロクに電話をして白熊に頼み事をして……。

 原作は新川帆立さんの同名小説(講談社)。東大法学部を首席で卒業した小勝負、直情径行型の元刑事で新人の白熊らダイロクが、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出す。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画