ユニコーンに乗って:“佐奈”永野芽郁&“須崎”杉野遥亮がイチャイチャ「カップルにしか見えない」 見守る“小鳥”西島秀俊も話題

連続ドラマ「ユニコーンに乗って」第4話の一場面 (C)TBS
1 / 9
連続ドラマ「ユニコーンに乗って」第4話の一場面 (C)TBS

 女優の永野芽郁さん主演の連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)第4話が7月26日、放送された。成川佐奈(永野さん)と須崎功(杉野遥亮さん)の仲の良さがうかがえる場面が登場。視聴者は「ちょっと~、イチャイチャしちゃって~」「佐奈と功君、カップルにしか見えん」などと盛り上がった。

 脚本は「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)などの大北はるかさんのオリジナル。自ら起業した教育系企業「ドリームポニー」の最高経営責任者(CEO)を26歳で務める佐奈の元にある日突然、会社の雰囲気とは全く異なる中年の元銀行員・小鳥智志(西島秀俊さん)が転職してきたことで、佐奈の仕事や恋の環境が一変して……という物語。

 第4話では、起業家と投資家をつなぐマッチングサイトで、佐奈が投資家の高山充(飯田基祐さん)と出会う。高山はドリームポニーの理念に共感し、1億円の投資を前向きに検討したいといい、佐奈と須崎功(杉野遥亮さん)は大喜び。小鳥の手伝いもあり、とんとん拍子で話は進む。

 しかし、佐奈を2人きりでの食事に誘った高山は、佐奈に次々と酒を勧め、酔わせた上で「本番はこれからだろ」と、車に連れ込もうとする。佐奈は高山の手を振り払い、右手で殴ろうとしたところに、小鳥が登場し、佐奈の拳を右手で受け止める。

 その場は収まったものの、恐怖で震える佐奈。須崎は、佐奈の右手を取って「さっきの再現。佐奈と小鳥さん」といい、佐奈を励ます。さらに、佐奈にストレス発散を促し、佐奈のパンチを両手のひらで受け止める。そんな2人を、小鳥は遠くから笑顔で見守っていた。

 佐奈と須崎の仲良しぶりに、SNSでは「功の元気づけ方、かっこいいな」「佐奈ちゃんと功君が可愛すぎる」「めちゃくちゃラブラブしてるwww」といったコメントが並んだ。

 小鳥に対しては「空気読める人。優しい」「お父さん目線なの可愛い」「温かくて大好き」という声が上がった。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事