鎌倉殿の13人:福地桃子“初”登場 坂口健太郎“泰時”を「面白くない」とヘコます

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で初を演じる福地桃子さん (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で初を演じる福地桃子さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第29回「ままならぬ玉」が7月31日に放送され、女優の福地桃子さん演じる初が登場した。

 初は、義時の盟友である三浦義村(山本耕史さん)と出自不明の女性の間に生まれた娘。出生の不確かさに反し、鎌倉幕府の最有力者である北条に嫁ぎ、名宰相として後世に名を残すこととなる北条泰時(坂口健太郎さん)の妻にして、北条家嫡流の母となる人物だ。

 義村らが西国遠征する際は八重(新垣結衣さん)のもとに預けられ、金剛(泰時の幼名)とともに育てられる。泰時と幼なじみとして育ち、泰時を支える存在となる……。

 第29回では、父・義時(小栗さん)より伊豆へ向かうよう命じられ、「頑張ってくる。要は志だ。やってみせるという気構えが大事。しくじるわけにはいかない」と意気込む泰時に、初は「真面目、あなたのそういうところ息が詰まる」「面白くないの」と言い放ち、泰時をヘコました。

 義村は、義時に「そろそろ夫婦にしてやるか。初は泰時にはもったいないくらい良いおなごだが、お前の息子なら仕方がない」と話しかけるなど、二人の関係を認める描写もあったが、初と泰時のやりとりに対して、SNSでは「面白くない(笑)」「面白くないとか酷いwww」「面白くないのwwww 泰時かわいそう」「菅波先生みがある、金剛」「ラブコメかな?」といった声が上がっていた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事