ちむどんどん:アッラ・フォンターナ騒然! 視聴者「ベタな嫌がらせきたー」 「吉本新喜劇」の声も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第82回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第82回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第82回が8月2日に放送された。同回では、暢子(黒島さん)が勤める「アッラ・フォンターナ」で大事件が起こり、視聴者から「ベタな嫌がらせきたー」「既視感あると思ったら吉本新喜劇だなww」といった声が次々と上がった。

 フォンターナにある日、泥棒が入り、売上金と権利書が盗まれた。やがて権田(利重剛さん)という男が率いる強面(こわもて)のスーツ姿の一団が店の権利書を持って現れる。権田は、金の返済が滞った元フォンターナの料理人・矢作(井之脇海さん)から譲り受けたと説明。オーナーの房子(原田美枝子さん)に権利証を1000万円で買い取るよう要求して……というのがこれまでの展開。

 第82回では、房子が権田の要求をきっぱりと拒否した。権利書が戻らなくてもいいかと脅されても、自身の実印は銀行の貸金庫にあるといい、「実印も印鑑証明書もなく、どうするんですか?」と応じる。ならばと、権田は自身の会社が扱う絵画と観葉植物を店に飾るよう“みかじめ料”を要求すると、房子は「そのような取引は一切致しません」とキッパリ。権田は「いい面構えだ。だが、わけぇ衆の前でメンツ潰されちゃ、俺も黙ってはいられないんでね。とことんお付き合いさせていただきますよ」と不穏な言葉を残し、去って行った。

 暢子が和彦(宮沢氷魚さん)の母・重子(鈴木保奈美さん)に、自分たちの結婚に賛成してもらうため、フォンターナに招待。重子が店を訪れる日がやってくる。しかし、和彦と重子が暢子の料理を楽しんでいるところに、「おいコラァ! どうしてくれんだ」と男が店に怒鳴り込んでくる。

 男は、フォンターナのトイレの壁から突き出たクギがジャケットの袖に引っかかって破けたと怒りまくる。房子が弁償すると応じても、聞く耳持たずで「仲間連れて戻ってくるからよ、首洗って待っていろ」と脅迫。店は騒然となり、客は次々と帰っていく。重子も「類は友を呼ぶ。品のないお店には、品のないお客が出入りするの」と言い残し、帰っていった。

 SNSでは「邪魔するでぇ!と新喜劇展開」「ぎゃー通報だぁ警察に通報しよー!」「あー既視感あると思ったら吉本新喜劇だなwwww チンピラが言いがかりつけるシーン」「完全に新喜劇の王道パターンw」「“全員”退店するところが吉本新喜劇」といった声が上がっていた。

テレビ 最新記事