鎌倉殿の13人:「鎌倉殿の13人」始まったと思ったら「キングダム」だった? “トウ”山本千尋が圧巻の剣技

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で山本千尋さん演じるトウ (C)NHK
1 / 2
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で山本千尋さん演じるトウ (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第29回「ままならぬ玉」が7月31日に放送され、女優の山本千尋さんがトウ役で登場した。

 山本さんは、中国武術の世界大会での優勝経験を持ち、アクション女優としても注目を集めている。2017年放送の特撮ドラマ「ウルトラマンジード」(テレビ東京系)では、ヒロインの鳥羽ライハを演じ、原泰久さんの人気マンガを実写化し、公開中の映画「キングダム2 遥かなる大地へ」(佐藤信介監督)には、羌象(きょうしょう)役で出演している。

 「鎌倉殿の13人」で演じるトウは、「アサシン(暗殺者)」として視聴者から恐れられる善児(梶原善さん)に育てられた孤児(みなしご)。第24回「変わらぬ人」(6月19日放送)で、善児が範頼(迫田孝也さん)を殺(あや)めるのを見てしまった少女が成長した姿で、善児がその場で“殺さなかった”ことも放送時に話題となっていた。

 第29回では、善児が「二代目」と言って連れてきたトウが、圧巻の剣技を披露するシーンもあった。

 SNSでは「トウ、すごいアクション」「トウの動きがやべえ」「トウの身体能力」「さすが山本千尋さんカッコいい」「山本千尋さん、サスガすぎる」などと視聴者は反応。さらに「なんかキングダムみたいな人が出てきたぞ」「トウはなんだかキングダムに出てきそう」「トウはあのままキングダム出れちゃうね」「キングダムにいても違和感ない」「鎌倉殿の13人始まったと思ったらキングダムだった」といった感想が次々と書き込まれた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画