競争の番人:“桃園”小池栄子の姉御肌っぷりに「理想の上司」の声 “風見”大倉孝二とのコンビも話題

連続ドラマ「競争の番人」第5話の一場面 (C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「競争の番人」第5話の一場面 (C)フジテレビ

 俳優の坂口健太郎さんと女優の杏さんダブル主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「競争の番人」(月曜午後9時)の第5話が8月8日に放送された。公正取引委員会第六審査(通称ダイロク)の主査・桃園千代子(小池栄子さん)の姉御肌っぷりに注目が集まり、視聴者から「いいキャラしてる」「理想の上司」などの声が上がった。

 第5話では、下請けいじめを調査するダイロクが、世界的な電機メーカー「アレス電機」の立ち入り検査に出向く。しかし、ダイロクのキャップ・風見慎一(大倉孝二さん)が社員らに検査の趣旨を説明しようとしたところに検察が踏み込んで来て、資料などを差し押さえて……という展開だった。

 検査を阻まれた桃園は、険しい形相で肩を揺らしながら検察の駒場直樹(小松和重さん)に近付き、舌打ちをして不満をあらわにした。

 桃園は、後輩の六角洸介(加藤清史郎さん)を励ますなど、立場の弱いダイロクで頼りになる存在として描かれていて、SNSでは「肩で歩くタイプの小池栄子好きwww」「舌打ちガン飛ばし桃園さん最高」「桃園さんの鋭い物言い好き」「桃園さん、かっこいい」「小池栄子の強気な女性役似合う」といったコメントが並んだ。

 桃園と風見のコンビも話題になった。桃園は風見の部下だが、風見にはっきりと物を言ったり、風見を制すかのように検察側に発言する場面があり、「小池栄子さんと大倉孝二さんの芝居の間が絶妙」「風見キャップと桃園コンビのおかしさ」「キャップと桃園さん、毎週の癒やし」という声もあった。

 ドラマは、東大法学部を首席で卒業した小勝負勉(坂口さん)と、直情径行型の元刑事で新人の白熊楓(杏さん)らダイロクが、談合やカルテルなど企業の隠された事実をあぶり出す。

テレビ 最新記事