鎌倉殿の13人:義時のおいっ子、後の実朝 千幡が登場 “後の公暁”善哉も

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回に登場する千幡(嶺岸煌桜さん) (C)NHK
1 / 3
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回に登場する千幡(嶺岸煌桜さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第31回「諦めの悪い男」が8月14日に放送される。同回には、子役の嶺岸煌桜(みねぎし・きあら)さん演じる千幡が登場する。千幡は頼朝(大泉洋さん)の息子で、義時(小栗さん)のおい。後の源実朝だ。

 また同回には、長尾翼君が演じる善哉も登場する。善哉は源頼家(金子大地さん)の次男で、母はつつじ(北香那さん)。後の公暁。

 第31回では、頼家の後継者をめぐり、激しさを増す北条と比企の争い。比企能員(佐藤二朗さん)はせつ(山谷花純さん)が生んだ頼家の長男・一幡を推し、早々に朝廷の許しを得ようと躍起になるが、大江広元(栗原英雄さん)らは取り合わない。一方、義時は比奈(堀田真由さん)に頼んで比企の動向を探り、三浦義村(山本耕史さん)にも相談を持ち掛ける。

 そんな中、政子(小池栄子さん)のもとに北条時政(坂東彌十郎さん)、りく(宮沢りえさん)らが集まり……というストーリー。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事