おばたのお兄さん:「ユニコーンに乗って」ゲスト出演 “永瀬”松尾貴史の言いなりな社員役

ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演するおばたのお兄さん(C)TBS
1 / 2
ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演するおばたのお兄さん(C)TBS

 お笑いタレントのおばたのお兄さんが、永野芽郁さん主演の連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)にゲスト出演することが8月16日、発表された。おばたのお兄さんは、「ゲームアカデミア」CEOの永瀬拓也(松尾貴史さん)の言いなりになっている社員の横山拳司を演じる。おばたのお兄さんは、火曜ドラマ初出演で、16日放送の第7話、23日放送の第8話に登場する。

 ドラマは、自ら起業した教育系企業「ドリームポニー」の最高経営責任者(CEO)を26歳で務める佐奈(永野さん)の元にある日突然、会社の雰囲気とは全く異なる中年サラリーマン・小鳥智志(西島秀俊さん)が転職してきたことで、佐奈の仕事や恋模様が一変するという物語。

 第7話では、ゲームアカデミアが、ドリームポニーの技術を横取りし、特許を出願していたことが発覚。動揺する佐奈らは、最近の森本海斗(坂東龍汰さん)が不審な行動を取っていたことに気付く。須崎功(杉野遥亮さん)が問いただすと、海斗は黙ったまま会社を飛び出してしまい……と展開する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事