初恋の悪魔:“鈴之介”林遣都が「CHE.R.RY」を熱唱 感動の視聴者「坂元裕二×カラオケは鉄板」「本当に楽しそう」

ドラマ「初恋の悪魔」第5話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「初恋の悪魔」第5話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の林遣都さんと仲野太賀さんがダブル主演を務める連続ドラマ「初恋の悪魔」(日本テレビ系、土曜午後10時)第5話が、8月13日に放送された。鈴之介(林さん)、悠日(仲野さん)、星砂(松岡茉優さん)、琉夏(柄本佑さん)が、カラオケでYUIさんの「CHE.R.RY」を歌うシーンに「坂元裕二×カラオケは鉄板で良い」「青春みたいで本当に楽しそう」と反響が広がった。

 脚本は「東京ラブストーリー」などを手がけた坂元裕二さん。警察署でそれぞれ別の部署に勤める4人が難事件を解明する姿を描く。やがて、4人の間には友情が芽生え、恋模様も描かれる。

 第5話では、鈴之介と森園(安田顕さん)は、廊下の突き当たりにあった開かずの扉の先に地下室を発見。誰かが監禁されていた痕跡を見て驚くが、森園は地下室の扉を閉めて鈴之介を閉じ込めてしまう。音信不通の鈴之介を心配した悠日、星砂、琉夏は、鈴之介宅を訪ねる。地下室の存在を知らない3人は、鈴之介の部屋から椿静枝(山口果林さん)が書いたとみられる手記を発見し……と展開した。

 鈴之介が地下に閉じ込められたことを知った悠日たちは、鈴之介を救い出すことに成功。鈴之介が「きょうはありがとう」と感謝すると、琉夏が「今度、カラオケでも行こうか」と照れくさそうに提案する。「いいよ」と返した鈴之介に驚いた一同は、「今行く?」と誘い、カラオケに向かった。

 そして、琉夏が「CHE.R.RY」を歌っていると、曲のサビに入った途端、鈴之介も一緒に歌い始める。鈴之介は「このサビをスルーできる人間はこの世に存在しない」と言い、4人で肩を組みながら「CHE.R.RY」を熱唱した。

 SNSでは「みんなで歌うのものすごく坂元作品らしさ詰まってる」「役者にカラオケ歌わせる坂元さん最高だな!」「4人で歌うシーンが本当に良かった」などの声が届いている。

テレビ 最新記事