仲野太賀:「初恋の悪魔」撮了 “初めての俳優仲間”林遣都とのW主演は「夢のようなすてきな時間」

連続ドラマ「初恋の悪魔」のクランクアップを迎えた仲野太賀さん(左)と林遣都さん=日本テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「初恋の悪魔」のクランクアップを迎えた仲野太賀さん(左)と林遣都さん=日本テレビ提供

 9月24日に最終話(第10話)が放送される連続ドラマ「初恋の悪魔」でダブル主演を務める林遣都さんと仲野太賀さん、共演の松岡茉優さんと柄本佑さんがこのほど、クランクアップを迎えた。

 林さんは「まだまだずっと続けていたかったな、という思いでいっぱいです。幸せな3カ月でした。ずっと記憶に残る、一生誇れる作品に出会えたと思っています」と話した。

 仲野さんは、役衣装のパジャマ姿のまま「約3カ月あっという間に過ぎて、本当に楽しかったです」とあいさつ。ダブル主演の林さんに触れ「デビュー作が一緒で、遣都くんがいなかったらこの世界にいないし、僕の初めての俳優仲間の遣都くんと2人で主演を務めるというのは夢のようなすてきな時間でしたし、お互いがくたばるまで切磋琢磨(せっさたくま)できたらいいなと思いました」と語った。

 松岡さんは「余計なことは考えずに、健やかに、のびのびと演じられました。毎日フルスイングができました」とコメント。柄本さんは「本当にいい4人組で、いいスタッフで、いい現場の空気で、楽しくのびのびと演じさせていただきました」と話した。

 脚本は「東京ラブストーリー」などを手がけた坂元裕二さん。警察署でそれぞれ別の部署に勤める訳ありの4人が難事件を解明する姿を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画