ちむどんどん:ニーニー「ねずみ講」騒動、最悪の展開へ 我那覇もまさかの被害者! 視聴者「予想通り家族に迷惑をかけた」「言わんこっちゃない」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第93回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第93回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第93回が8月17日に放送され、ヒロイン一家の長男(ニーニー)・賢秀(竜星涼さん)の“ビジネス”の影響が、妹の暢子(黒島さん)たちにも及び、視聴者から「予想通り家族に”迷惑”をかけた」「ニーニーはどれだけ家族に迷惑かけたら気が済むのか?」といった声が相次いだ。

 「猪野養豚場」で働いていた賢秀は、独立を目指す暢子の開店資金のため、またも一獲千金を夢見る。養豚場を辞め、競馬に負けた矢先、偶然、かつて投資話と「紅茶豆腐」ビジネスでだまされた相手・我那覇(田久保宗稔さん)と再会する。我那覇の謝罪を受け入れた賢秀は、再び儲け話に乗る。そしてビタミン剤を売るビジネスを始めた賢秀だが、話を聞いた暢子は「ねずみ講」じゃないかと心配して……というのがこれまでの展開。

 同回では、賢秀が、自身の大叔母にもあたる「アッラ・フォンターナ」オーナーの房子(原田美枝子さん)にもビタミン剤の売り込みをかけるが、房子から「明らかにねずみ講。マルチ商法という立派な犯罪です!」と一喝され、自身のビジネスに疑問を抱き、真相を確かめに「ジャイアントビタミン商事」に急いだ。

 会社に戻った賢秀は、我那覇たちが「話が違うじゃないですか!」と、代表と思われる黒岩(木村了さん)に詰め寄っているところを目撃する。我那覇も被害者だった。賢秀はビタミン剤ビジネスからの脱会を申し出るが、200万円の違約金を支払うよう命じられる。賢秀は母の優子(仲間由紀恵さん)がコツコツ働いてためた金だけは返してほしいと懇願するが、黒岩の手下に「あんなはした金」とバカにされ、逆上。屈強な手下たちと乱闘に。そして、“人質”として捕まってしまう。

 黒岩から、長女・良子(川口春奈さん)のいる沖縄の石川家や、鶴見の「あまゆ」の暢子のもとに連絡が入る。黒岩は暢子に「200万円、大至急持ってきてもらえませんか。でないとお宅のお兄さんが……」と脅す。賢秀は「家族を巻き込むな! 暢子来るなー!」と電話越しに叫ぶが、暢子は開店資金のため銀行から引き出した200万円を持って、ジャイアントビタミン商事に急ぐ。そんな暢子を心配し、和彦(宮沢氷魚さん)と智(前田公輝さん)も後を追う。

 暢子は、賢秀の制止を振り切って、黒岩に200万円を差し出す。怒り狂う賢秀を横目に、黒岩は「貧しい母親に育てられた哀れな兄妹だ」とニヤリ。すると、暢子が「お母ちゃんをバカにするな!」とビンタを食らわす。黒岩の手下たちが「このアマ!」と暢子に襲いかかり、守ろうとする賢秀、和彦、智と黒岩一味で乱闘に。そこにパトカーのサイレンが響き、黒岩一味は200万円を持って慌てて逃げた。

 SNSでは、一連の騒動に「ほーらニーニ、言わんこっちゃない。このままじゃまずいよー」「家族が汗水垂らして稼いだ金を一番溶かしてるのはニーニーなんだよな」「ニーニー家族の電話番号教えといて来るなぁ!はないやろw」「『家族巻き込むな 来るな』と言う前に妹たちの電話番号を教えるニーニー」「家族を巻き込むな!って連絡先教えてるんやん、ニーニー」「我那覇もマルチ商法の被害者だったとは……」「我那覇もだまされてた側とは!」「我那覇は小物だったのか」といった声が次々と上がっていた。

テレビ 最新記事