早乙女太一:秋ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」で山田涼介の“父”役に 連続殺人犯?

10月期の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」に出演する早乙女太一さん(C)フジテレビ
1 / 7
10月期の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」に出演する早乙女太一さん(C)フジテレビ

 早乙女太一さんが、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演で10月スタートの連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)に出演することが明らかになった。山田さん演じる浦島エイジの実の父親で、15年前に発生した連続殺人事件の犯人とされている八野衣真(はちのい・まこと)を演じる。

 ドラマは、累計発行部数が130万部を突破した同名マンガ(原作・井龍一さん、マンガ・伊藤翔太さん)が原作の二重人格サスペンス。自らの二重人格を悟った大学生の浦島エイジ(山田さん)が、“もう一人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安に駆られ、真相を明らかにしようと決意し、驚きの事実に直面する姿を描く。

 早乙女さん演じる八野衣は、エイジの実の父親で、15年前に発生した連続殺人事件の犯人とされている。被害者の遺体にはあらゆる拷問の痕跡と“LL”という刻印が残されていたことから、殺人鬼・LLと呼ばれていた。そして、警察に追い詰められた八野衣は、自ら火を放って自殺を図ることに……という役どころだ。

 ◇早乙女さんのコメントは以下の通り(原文のまま)


 --今作の出演が決まった時の思いをお聞かせください

 出演が決まったときは、うれしい気持ちでいっぱいでした。結構ハードな作品なので、ドラマになったときにどんな世界観になるのか、自分も一視聴者としてすごく楽しみにしています。

 --主演を務める山田涼介さんの印象はいかがですか?

 僕の勝手な印象ですが、すごくきれいな方だなと……(笑い)。その目の奥にある強さみたいなものは、今回の作品と重なる部分もありますね。陰と陽のどちらも兼ね備えているという印象があります。

 --放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ

 いろいろな心理描写や人間の陰と陽の部分を描いた、すごく魅力的な作品だと思うので、それが実際に映像になったときに、生身の人間がそこに血を通すことでより濃く描けたらと思っているので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事