金曜ロードショー:2週連続「るろうに剣心」 第1夜は「京都大火編」 剣心VS志々雄、死闘の幕開け

映画「るろうに剣心 京都大火編」の一場面(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火」製作委員会
1 / 8
映画「るろうに剣心 京都大火編」の一場面(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火」製作委員会

 9月2日の「金曜ロードショー」(日本テレビ系、金曜午後9時)は「2週連続『るろうに剣心』」第1夜として、佐藤健さん主演の「るろうに剣心 京都大火編」(大友啓史監督、2014年)を5分拡大で放送する。原作は和月伸宏さんの人気マンガ。シリーズ第2作で、原作で人気の「京都編」を基にした2部作の前編だ。主人公・緋村剣心と、剣心の後継者として“影の人斬り役”を引き継いだ志々雄真実(ししお・まこと)との死闘が幕を開ける。

 “人斬り抜刀斎”と恐れられた伝説の人斬り・緋村剣心(佐藤さん)は、新時代を迎え、神谷薫(武井咲さん)らと平和な日々を送っていた。

 ある日剣心は、自身の後継者として“影の人斬り役”となった志々雄真実(藤原竜也さん)が、京都で暗躍している、と新政府から聞かされる。政府の派遣する討伐隊は全て志々雄に退けられたため、剣心に討伐の命が下る。一大兵力を築きクーデターを狙う志々雄を阻止すべく、剣心は必死で止める薫に別れを告げて京都へと向かうが……。

 第1作から続投する江口洋介さん、蒼井優さんらに加え、伊勢谷友介さん、土屋太鳳さん、神木隆之介さんらも出演する。

 9日の金曜ロードショーは2部作の後編「るろうに剣心 伝説の最期編」(同監督)を放送する。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事