中谷美紀:「ライフ2 ギバーテイカー」ドラマ化で主演 娘を殺された刑事役

「連続ドラマW ギバーテイカー」ティザービジュアル=WOWOW提供
1 / 2
「連続ドラマW ギバーテイカー」ティザービジュアル=WOWOW提供

 女優の中谷美紀さんが、WOWOWで2023年に放送・配信される「連続ドラマW ギバーテイカー」に主演することが9月15日、明らかになった。娘を殺された刑事と、犯人との戦いを描く。中谷さんは元小学校教諭の刑事・倉澤樹(いつき)を演じる。中谷さんの連続ドラマ主演は、2019年放送の「ハル ~総合商社の女~」(テレビ東京系)以来、3年ぶり。

 原作は、累計発行部数が1000万部を突破したマンガ「ライフ」で知られる、すえのぶけいこさんの「ライフ2 ギバーテイカー」(講談社アフタヌーンKC)。ドラマ化にあたり、主人公の設定を「妹を殺された刑事」から「娘を殺された刑事」に変えた。

 12年前、当時教え子の貴志(きし)ルオトに娘を殺された倉澤の元に、医療少年院を退院したルオトから不審なメッセージが届いたことから新たな事件が起こる。

 被害者遺族の倉澤に扮(ふん)する中谷さんは「底なしの悲しみに寄り添いつつも、がむしゃらに事件に立ち向かう倉澤樹を演じる日々は大変苦しく、常に自責の念がつきまとい、死のふちに立たされているかのような感覚で現場におりました。ですが、素晴らしい監督とスタッフ、キャストの皆様に支えられて、怒涛(どとう)の撮影を終え、無事に生還することができました」と振り返る。

 WOWOWプライム・WOWOWオンデマンドで放送・配信する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事