鎌倉殿の13人:「悲しすぎる」“準レギュラー”登場 首桶抱えて時政に迫った義時 「父上」呼びはこれが最後?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第36回場面カット 首桶を抱えて時政(坂東彌十郎さん)に迫る義時(小栗旬さん) (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第36回場面カット 首桶を抱えて時政(坂東彌十郎さん)に迫る義時(小栗旬さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第36回「武士の鑑(かがみ)」が9月18日に放送され、畠山重忠(中川大志さん)の死後、北条義時(小栗さん)と父・時政(坂東彌十郎さん)とのやりとりが注目を集めた。

 同回では、義時を大将とした鎌倉側の大軍と、武蔵国を所領とする重忠が率いる畠山の兵たちが激突。いわゆる「二俣川の戦い」で、戦の終盤には、重忠と義時の一騎打ちが実現し、斬り合いから、素手での殴り合いへと発展する。

 死力を尽くした重忠と義時の一騎打ちは最後、重忠が圧倒的優位に立つも、振り下ろした短刀は義時の顔ではなく、地面へと突き刺さり、終了。その後、重忠は討ち取られ……。

 鎌倉へと戻った義時が抱えていたのは、重忠の首が入った首桶(おけ)。重忠を「謀反人」と決め、御家人たちに畠山討伐を命じた時政にこう告げる。

 「次郎(重忠)は、決して逃げようとしなかった。逃げるいわれがなかったからです。所領に戻って兵を集めることもしなかった。戦ういわれがなかったからです。次郎がしたのは、ただ己の誇りを守ることのみ」と。

 さらに「あらためていただきたい。あなたの目で。執権を続けていくのであれば、あなたは見るべきだ! 父上!」と迫る義時に対して、時政は無言でその場を去ってしまう。

 SNSでは、「準レギュラーの首桶くん」「やっぱり出たよ、準レギュラー首桶」「【悲報】準レギュラー首桶先生登場」などと視聴者は反応。「あーもう、何回首桶見せられてんねん!」「この首桶だけは見たくなかった」「悲しすぎる」といった声が上がったほか、「『父上』と義時が呼ぶのはこのときが最後だったんじゃないかと思う」「これが、義時が時政を『父上』と呼んだ最後のシーンになるんだろうなぁ」という感想も見られた。

テレビ 最新記事