赤いナースコール:手錠をかける“工藤”池田鉄洋が話題 「コンビの執念によるもの」「泣けてくる」の声(ネタバレあり)

連続ドラマ「赤いナースコール」第11話の一場面(C)「赤いナースコール」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「赤いナースコール」第11話の一場面(C)「赤いナースコール」製作委員会

 人気グループ「Sexy Zone」の佐藤勝利さんが主演を務める連続ドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)の第11話が9月19日に放送された。終盤では、“チャイコフスキー犯”が明らかになり、刑事の工藤文世(池田鉄洋さん)が手錠をかける展開に。SNSでは、「工藤刑事カッコよすぎ。感動した」「ありゃ泣けてくる」などの声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第11話では、三森アリサ(福本莉子さん)の前で、後藤田健斗(森田甘路さん)の体が電動ノコギリで真っ二つになる。状況を聞いた春野翔太朗(佐藤さん)は、テレビをほぼ見ないというのに自分のデビュー作を知っていた榎木田誠(鹿賀丈史さん)に疑いの目を向ける。

 終盤では、刑事の加藤桜(堀口紗奈さん)が、殺害される寸前に壁につけた口紅から、石原祐二(板尾創路さん)の唾液のDNAが検出される。“チャイコフスキー犯”が医者の石原であることが明らかになる中、工藤ら刑事の前に姿を現した石原は、「加藤刑事の赤い口紅がとってもセクシーだったから、代わりにキスしておきましたよ」と告白。そんな石原に、工藤は銃口を向けるが、撃つことを必死に堪え、石原に手錠をかける様子が描かれた。

 SNSでは、「石原の逮捕は、加藤と工藤コンビの執念によるもので、胸熱な展開でした」「工藤さんよく堪えた! 願いだったもんね、加藤さんの手錠で逮捕すること」「加藤刑事の無念、工藤刑事が手錠かけてはらしたのが唯一の救いだった」「加藤刑事のお手柄でチャイコ捕まったの激アツだった」などのコメントが並び、盛り上がりを見せていた。

テレビ 最新記事