赤いナースコール:最終回 “翔太朗”佐藤勝利に忍び寄る犯人の影 “呪われた病院”の真相が明らかに!

連続ドラマ「赤いナースコール」最終回の一場面(C)「赤いナースコール」製作委員会
1 / 8
連続ドラマ「赤いナースコール」最終回の一場面(C)「赤いナースコール」製作委員会

 人気グループ「Sexy Zone」の佐藤勝利さん主演の連続ドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)最終回が9月26日に放送される。

 チャイコフスキー犯は医者の石原祐二(板尾創路さん)だった。殺害の動機は? 病院長・榎木田誠(鹿賀丈史さん)の「復讐」の意味とは?

 三森アリサ(福本莉子さん)は、最後の患者となった春野翔太朗(佐藤さん)が危ないと病室へ向かうが、途中で停電が発生。院内は最後にして最大のパニックになる。翔太朗に忍び寄る犯人の影……最後に生き残るのは誰か? “呪われた病院”の真相がついに明らかになる!

 企画・原作は放送作家・作詞家の秋元康さん。病院を舞台にした“史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス”。佐藤さん演じる脚本家・春野翔太朗が恋人の三森アリサと自動車事故に遭い、共に運び込まれた病院でトラブルに巻き込まれていく。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事