赤いナースコール:“工藤”池田鉄洋の結末に「なんで!?」「まさか」の声続々(ネタバレあり)

連続ドラマ「赤いナースコール」最終回の一場面(C)「赤いナースコール」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「赤いナースコール」最終回の一場面(C)「赤いナースコール」製作委員会

 人気グループ「Sexy Zone」の佐藤勝利さんが主演を務める連続ドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)の最終回が9月26日に放送された。刑事の工藤文世(池田鉄洋さん)をめぐる結末に、SNSではさまざまな声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 最終回では、三森アリサ(福本莉子さん)は、最後の患者となった春野翔太朗(佐藤さん)が危ないと病室へ向かうが、途中で停電が発生する。そんな中、翔太朗の元に病院長・榎木田誠(鹿賀丈史さん)がやってくる。

 榎木田によると、翔太朗がドラマのモデルにしていた、町田のコンビニの駐車場で起きた事件で殺されたのは、榎木田の息子だった。当時、息子が暴行を受けているときに、見て見ぬふりをしていた人たちがいて、榎木田は彼らに復讐をしてきたと明かす。

 そんな中、アリサが病室にやってくる。そして、榎木田が、電動ノコギリで翔太朗を殺害しようとしたところに、工藤が登場し、榎木田に発砲。その後、榎木田から「これは狙った場所に当たったのかね?」と聞かれた工藤は、「もちろんあんたの心臓を狙ったさ。最近、拳銃の射撃訓練、サボっていたからな」と話すのだった。

 しかし、ラストでは、工藤の下半身を抱えた榎木田の姿が映し出される展開で、SNSでは「最後の最後で工藤刑事死ぬのなんで!?ってなったわ。工藤刑事には生きてて欲しかった」「工藤さんが死んじゃったのが何よりもショックだった」「工藤さん死ぬのはまさかやった」「工藤さん……嫌な予感はしたけど殺すなよ……」「工藤刑事が最後真っ二つにされる必要はあったのか……」といったコメントが並び、話題となった。

テレビ 最新記事