鎌倉殿の13人:父・全成は「誰も恨んではいけない」と言ったが 実朝との扱いの差に不満 時元の“黒い感情”「不穏しかない」

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第37回に登場する阿野時元(森優作さん) (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第37回に登場する阿野時元(森優作さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。9月25日に放送された第37回「オンベレブンビンバ」では、森優作さん演じる阿野時元が初登場した。

 阿野時元は、全成(新納慎也さん)と実衣(宮澤エマさん)の息子。時元役の森さんは、過去に同局の連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」(2016年度後期)、「半分、青い。」(2018年度前期)などにも出演し、「半分、青い。」では、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁さん)の初デート相手の小林(こばやん)を演じた。

 第37回では、政子(小池栄子さん)、大江広元(栗原英雄さん)らと新体制を始動させた義時(小栗さん)は、泰時(坂口健太郎さん)を自身のそばに置き、強い覚悟で父・北条時政(坂東彌十郎さん)と向き合う。一方、時政を蚊帳の外に置かれ憤慨するりく(宮沢りえさん)は、娘婿・平賀朝雅(山中崇さん)を担いで対抗することを画策。三浦義村(山本耕史さん)を誘い、反撃ののろしを上げる……。

 同回では、時元が「鎌倉殿」の源実朝(柿澤勇人さん)に対して秘めていた“黒い感情”をあらわにするシーンも登場。時元は「今の鎌倉殿とは一緒に育ちました」と切り出すと、「あの方との扱いの違いに、常日ごろから得心がいってはおりませぬ」と突如、不満をぶつけ、義村を苦笑いさせた。

 SNSでは「こばやん反抗」「誰も恨んではいけないよって、全成さん言ってたのにな…」「全成父さん泣いてるぞ、誰も恨んでは…」「実衣といい時元といい、なんでこう旦那・父の言葉を省みないのか」「時元…お前…可愛らしいぬれ甘納豆みたいなお目目をして、そんなドス黒さを持っていたのか」「あと今後の注目は阿野時元かな。源氏の血筋で、頼朝の甥で実朝のいとこだけど、実朝との扱いの差に不満を抱いている。不穏しかない」といった感想が書き込まれた。

テレビ 最新記事