ポツンと一軒家:奈良 住み手なくした古民家受け継ぐ夫婦 先祖代々の土地を守る思い

10月2日放送の「ポツンと一軒家」の一場面=ABCテレビ提供
1 / 3
10月2日放送の「ポツンと一軒家」の一場面=ABCテレビ提供

 日本各地の人里離れた一軒家で暮らす人を追うバラエティー番組「ポツンと一軒家」(ABCテレビ・テレビ朝日系、日曜午後7時58分)。10月2日は奈良県の山奥で、住み手をなくした古民家を受け継いだ夫婦を紹介する。

 最寄り集落へ向かった捜索隊。住人に衛星写真を確認してもらうと「ここは会社の保養所かもしれない」という。捜索隊が調べて保養所と確認できたため、住人男性が思い当たった一軒家の調査に切り替える。

 集落を抜け「通行注意」の看板を越え、林道をしばらく進むと、当初目指していた建物が見えてきた。更に山奥へ入っていくと、小さな集落があり、その中の1軒に今も暮らしている夫婦と対面する。

 かつては6世帯が暮らす小集落だったが、今暮らしているのはこの夫婦だけという。7年前に男性の両親が亡くなり、住み手のなくなった古民家に引っ越してきたという。先祖代々の土地を大切にしてきた夫婦の思いが明かされる。

 所ジョージさんがMCを、林修さんがパネリストを務める。ゲストは佐々木蔵之介さんと高橋ひかるさん。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事