吉谷彩子:朝ドラで女性パイロット役 起用の決め手は? 自らの提案でベリーショートに

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で由良冬子を演じている吉谷彩子さん(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で由良冬子を演じている吉谷彩子さん(C)NHK

 女優の吉谷彩子さんが、福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、ヒロイン岩倉舞(福原さん)が所属する大学の人力飛行機サークル「なにわバードマン」の先輩でパイロットの由良冬子を演じている。役作りのために髪をベリーショートにして舞の憧れの由良先輩を演じている吉谷さんについて、制作統括の熊野律時(くまの・のりとき)さんに聞いた。

 ◇「ビズリーチ」のCMで注目

 吉谷さんは、1991年9月26日生まれ、千葉県出身。2016年から「ビズリーチ」のCMに出演し注目され、これまでにドラマ「陸王」(2017年)、「グランメゾン東京」(2019年)、「ハケンの品格」(2020年)など話題作に出演してきた。朝ドラ出演は「ゲゲゲの女房」(2010年前期) 、「梅ちゃん先生」(2012年前期)に続いて3作目となる。

 吉谷さん演じる由良は、人力飛行機「スワン号」のパイロットを務める大学2回生。女性で初めて大西洋単独横断飛行に成功したアメリア・イヤハートに刺激を受け、男子に負けまいとパイロットに志願した。舞に空を飛ぶ楽しさを教えるという役どころだ。

 ◇「芝居がナチュラルで一本芯の通った方」

 熊野さんは、吉谷さんの起用について、「ヒロインの憧れの人ということで、しゃきっとした意志の強い雰囲気が感じられる人」と、「小柄な人(吉谷さんは身長155センチ)で、小さい体にエネルギーがしっかりとたぎっている人」ということを意識してキャスティングし、「お芝居がとてもナチュラルで、一本芯の通った方という印象を持っていたので、由良先輩にぴったりではないか」と吉谷さんに白羽の矢を立てたという。

 役が決まり、台本を読んだ吉谷さんから「ばっさりと髪の毛を短くしたい」という申し出があったといい、「あれだけ思い切ってベリーショートにしていただいて、由良先輩にぴったり」と感謝している。

 由良は「せりふにありましたけど、男の子と一緒に野球をやっていて、途中から男子のほうが体格が大きくなって、メンバーから外れた経験がある。別のことで女性だけど達成できることはないか」と人力飛行機のパイロットを志す「ボーイッシュな雰囲気がある」キャラクター。

 吉谷さん自身、「中学、高校と陸上部で、種目は短距離だった」という運動部経験者。熊野さんは「ご自身が陸上部で結構なトレーニングをしていたり、けがで大会に出られなくてチームメートに思いを託したりという経験があり、由良の気持ちが『めちゃくちゃ分かる』とおっしゃっていた。由良の悔しさも含めて、舞にパイロットを託していくというところのお芝居がとても自然で力強くて、吉谷さんにお願いして良かったなと思っています」と手応えを感じたようだ。

 舞と由良先輩が心を通わせていく様子を見て、視聴者から「舞、由良ペアが好きだ」といった反響も寄せられており、今後、吉谷さんが演じる由良が、どんなふうに舞を支え、また舞の憧れの存在として一歩先を歩むのか、今後の2人の関係に注目したい。

テレビ 最新記事