山崎育三郎:「今の自分だから挑める」児童精神科医役 1月期「リエゾン-こどものこころ診療所-」で主演 松本穂香とタッグ

2023年1月20日スタートの連続ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」主演の山崎育三郎さん(右)とヒロインの松本穂香さん=テレビ朝日提供
1 / 1
2023年1月20日スタートの連続ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」主演の山崎育三郎さん(右)とヒロインの松本穂香さん=テレビ朝日提供

 俳優の山崎育三郎さんが、2023年1月20日スタートの連続ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」(テレビ朝日系、金曜午後11時)で主演を務めることが分かった。マンガ原作の医療ドラマで、児童精神科クリニックを舞台に、自らも発達障害を抱える院長と研修医のコンビが、生きづらさを抱える子供たちとその家族に向き合い、寄り添う姿を描く。山崎さんが院長の佐山卓を演じ、ヒロインとなる研修医・遠野志保を女優の松本穂香さんが演じる。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、ヨンチャンさん作画・原作、竹村優作さん原作の同名マンガの実写化。「Dr.コトー診療所」シリーズ(フジテレビ系)などで知られるヒューマンドラマの名手・吉田紀子さんが脚本を手掛ける。

 主人公の佐山は、総合病院を実家に持ちながら、叔母が営んでいた小さな児童精神科「さやま・こどもクリニック」を引き継ぎ、一族から変わり者扱いされている。そこには、自ら「自閉スペクトラム症」という発達障害を抱え、誰よりもその苦しみを知っていることからこそ、患者やその家族と向き合おうという信念がある。

 山崎さんは「初めて原作を読ませていただいたとき、今、自分自身が子育てで感じていることや思いが重なる部分が多く、涙があふれました。今回演じる佐山は、どんな子供に対しても受け止め、寄り添いながら、医師と患者の枠を越えた診察がとても斬新です。読んだ後に、子供たちを抱きしめたくなるような温かい気持ちになりました。今の自分だから挑める大切な役との出会いとなりました」とコメント。

 続けて「佐山が子供と向き合う姿を見ていると、人に寄り添うことや、ただ話を聞いてあげること、何も言わず抱きしめてあげることの大切さや、人生を豊かにするヒントが隠されている気がしています。大切な人に会いたくなるような、そんな心温まる作品をお届けしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします」と語った。

 発達障害「注意欠如・多動症」を抱える研修医・志保を演じる松本さんは「初めてお話を聞いたときは、原作で描かれているように、発達障害で悩んでいる親御さんやご家族もたくさんいらっしゃると思いますし、演じる上で生半可な気持ちでは向き合えない作品だと感じました」とコメント。「毎週、見ている方の癒やしにもなるような、温かいドラマを作っていきたいと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください」と意気込む。松本さんは今作が、テレビ朝日のドラマ初出演となる。

マンガ 最新記事