舞いあがれ!:吉田のために! 柏木も倫子もチームが団結! 「まとまり出してきてうれしい」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第39回の一場面(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第39回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第39回が11月24日に放送された。同回では、舞(福原さん)や柏木(目黒蓮さん)らチーム6人が少しずつ仲が深まっていく様子が描かれ、視聴者からは「いいチームになってきましたね」と喜びの声が上がった。

 座学で優秀な成績を残した吉田(醍醐虎汰朗さん)だったが、母親が倒れてしまい、1カ月ほど学校を空けることとなった。その後戻ってきた吉田だったが、「1カ月の遅れを取り戻すのは厳しい」と教官から言われ、学校を辞めることを決意する。

 吉田は学校を休んでいた間、独学でチーム課題についてノートにまとめていた。そのノートを目にした舞は「今からでも遅れた分、取り戻せると思う。学校辞めることないよ」と吉田に言う。柏木たちもノートの完成度に驚き、6人で都築教官(阿南健治さん)のもとへ説得に向かった。

 都築はノートのできを褒める一方で「吉田学生がこの1カ月授業を受けなかったことが消えるわけではありませんよ。この1カ月でどれだけの量の学習をしたのか、君たちが一番よく分かっているでしょう」と吉田の復帰に否定的。

 すると倫子(山崎紘菜さん)が「教官、遅れていないということを証明できればいいということですよね?」と言い、柏木や中澤(濱正悟さん)も後に続いて都築を説得する。

 そして吉田が「教官、チャンスをください」と言うと、6人そろって「お願いします」と頭を下げた。

 SNSでは「チームがまとまり出してきた感じがうれしいですね」「チーム力が高まってきててウルッときた」「努力家の吉田くんには辞めないでほしい」「柏木学生も一緒に教官に頭を下げるとことかキュンとした」といったコメントが並んでいる。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画