鎌倉殿の13人:予告で勝利宣言?「私にはもう敵はいない」 義時が目指す「鎌倉の姿」いよいよ完成か

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第45回「八幡宮の階段」が11月27日に放送される。ドラマの公式サイトなどで公開中の予告動画には、主人公の北条義時(小栗さん)が「私にはもう敵はいない」と“勝利宣言”する姿が収められている。

 そのほか「義時が目指す――」「鎌倉の姿」といった文字や、義時がのえ(菊地凛子さん)を前にし、「八重も比奈も、もう少しできたおなごだった」と話すシーンや、三浦義村(山本耕史さん)が「三浦は終わりなんだ!」と珍しく激高する姿も映し出されている。

 前週第44回「審判の日」(11月20日放送)では、公暁(寛一郎さん)が、源実朝(柿澤勇人さん)の命を狙っていることを知った上で、ゆくゆくは御所を西(京)に移すつもりの実朝について、「鎌倉殿を続けさせるわけにはいかん。断じて」と事実上の“見殺し”を決め込んでいた義時。

 第45回では、公暁による実朝暗殺の舞台とされる、鶴岡八幡宮での右大臣拝賀式の続きが描かれるが、義時はどう立ち回るのか。また「北条を許してはなりませぬ」と公暁をたきつけた義村はどうするのか。今夜の放送は注目だ。

テレビ 最新記事