相棒season21:視聴者「右京さんの怒号久々に聞いた」 予告で“終わらない悲劇” 第7話はシリアス回?

連続ドラマ「相棒season21」第7話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 4
連続ドラマ「相棒season21」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ相棒season21」(テレビ朝日系、水曜午後9時)第7話「砂の記憶」(11月30日放送)の予告が公開され、杉下右京(水谷豊さん)が激高する姿に、視聴者の注目が集まった。

 同話では、警視庁特命係に「20年前の連続通り魔事件の犯人が動き出す」と、迷宮入りした事件の告発文が届き、右京と亀山薫(寺脇康文さん)が捜査を開始。そんな中、夜道で女性が襲われる通り魔事件が発生する。20年前の事件当時、捜査本部にいた捜査1課の伊丹憲一(川原和久さん)たちも捜査に乗り出して……と展開する。

 予告では「終わらない悲劇」というテロップが映し出されたほか、右京が何者かに「言い訳が通ると思いますか!」と激高するシーンも登場した。

 SNSでは「次回は怒りの右京さん登場」「次の相棒は右京さん激怒するみたい」「予告の時点で、右京さんが激オコプンプン丸……」「右京さんの怒号久々に聞いたわ」といった声が相次いでいた。また「絶対どちゃクソ重い話やん」「来たかシリアス回……」といった声も上がっていた。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事