渡部篤郎:“鬼”に立ち向かう県警トップに 「大病院占拠」で“刑事”櫻井翔と奮闘

連続ドラマ「大病院占拠」に出演する渡部篤郎さん
1 / 1
連続ドラマ「大病院占拠」に出演する渡部篤郎さん

 俳優の渡部篤郎さんが、2023年1月14日スタートの連続ドラマ「大病院占拠」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが12月12日、明らかになった。主人公の刑事・武蔵三郎(櫻井翔さん)と奮闘する、神奈川県警本部長の備前武を演じる。

 ドラマは櫻井さん主演で、鬼の面をかぶった武装集団に占拠された大病院が舞台のオリジナル作。備前は、武蔵たち全捜査官を束ねる県警のトップで、今回の事件に対して、県警全体としての対処を迫られる。

 今作を手がけるのは「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」のチームで、渡部さんは「今作に対する情熱や、見てくださる方に、最高のエンターテインメントをお届けしたいというお話をプロデューサー、監督からお聞きしました」とコメント。「この作品に参加させていただく以上、最善の力で挑みます。ぜひ、ご覧いただけたらうれしいです」と話している。

テレビ 最新記事