注目ドラマ紹介:「夕暮れに、手をつなぐ」 広瀬すず×永瀬廉の青春ラブストーリー 北川悦吏子脚本

連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」第1話の一場面(C)TBS
1 / 7
連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」第1話の一場面(C)TBS

 広瀬すずさん主演で人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが共演する連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系、火曜午後10時)が1月17日に始まる。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(2018年)などの北川悦吏子さんの脚本。広瀬さんはTBS連ドラ初主演で、永瀬さんは本格ラブストーリー初挑戦となる。初回は15分拡大で放送。

 九州で育ち、婚約者を追って上京した浅葱空豆(あさぎ・そらまめ、広瀬さん)と、作曲家を目指す青年・海野音(うみの・おと、永瀬さん)の青春ラブストーリー。

 音がアルバイトをするカフェで出会う謎の女性、菅野セイラ役で田辺桃子さん、空豆の憧れのファッションブランド「アンダーソニア」の天才デザイナー・久遠徹役で遠藤憲一さん、アンダーソニアでデザイナーのデザイン画を基に型紙を作るパタンナーの葉月心(しん)役で黒羽麻璃央さん、音の所属する大手レコード会社「ユニバースレコード」の磯部真紀子役で松本若菜さんも出演する。

 第1話は……九州の片田舎で育った浅葱空豆は、幼なじみの婚約者を追って上京した先で、作曲家を目指す青年・海野音と衝撃的に出会う。2人は、二度と会うことはないと思っていたが……?

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事