舞いあがれ!:佳晴、久留美と悠人の結婚に号泣! 視聴者もらい泣き「佳晴に泣かされた」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第123回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第123回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)第123回が3月28日に放送された。同回では、悠人(横山裕さん)と久留美(山下美月さん)が結婚することに。久留美の父・佳晴(松尾諭さん)が、涙を流して娘の幸せを喜ぶ姿が視聴者の心を捉えた。

ウナギノボリ

 悠人と久留美が“真剣な”表情でカフェ「ノーサイド」を訪れると、佳晴は「どないしたんや、2人してお通夜みたいな顔して」と何も気づかない様子。一方、何かを察した道子(たくませいこさん)は、「ええから座り。座って」とすかさず二人に席を勧める。

 悠人が「望月さん、道子さん。娘さんと結婚させてください」と頭を下げる。佳晴は驚き、久留美と目を合わせると「悠人君。娘をよろしゅうお願いします」と伝え、号泣した。

 そんな父の姿に久留美も思わず涙し、道子は優しく久留美を抱きしめた。

 SNSでは「思いもかけず佳晴に泣かされた」「佳晴さん、道子さんも号泣するから、こちらももらい泣き」「佳晴もだけど道子さんの涙にこちらの涙腺が……ずっと見守ってきたんやもんなぁ」「お通夜みたいな顔をしてという佳晴さんに察する道子さん。対照的!」「鈍感な佳晴さんとすぐ察する道子さん」といった反響が集まった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画