それってパクリじゃないですか?:第8話 “亜季”芳根京子は“高梨”常盤貴子の過去に衝撃受ける

連続ドラマ「それってパクリじゃないですか?」第8話の一場面=日本テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「それってパクリじゃないですか?」第8話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の芳根京子さん主演の連続ドラマ「それってパクリじゃないですか?」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第8話が5月31日に放送される。

 今宮食品の通称「009特許」を買い取った「総合発明企画」から月夜野ドリンクに、特許権侵害の訴訟に関する連絡が入る。代表の芹沢(鶴見辰吾さん)が月夜野に乗り込み、和解金1億円の支払いを要求する。

 支払い猶予は1週間。亜季(芳根さん)は開発部長の高梨(常盤貴子さん)が、かつて特許を食い物にするパテントトロール(特許ゴロ)「太陽新社」に所属していたと知って動揺する。1億円には特許権侵害の賠償金だけでなく、高梨の過去に関する口止め料も含まれていたのだ。

 月夜野と高梨を守るためには、和解金を支払うか「009特許」に特許性が無いと証明するしかない。亜季と北脇(重岡大毅さん)は特許の無効化のために必要な論文を手に入れようとするが、簡単には見つからない。

 そんな中、高梨が又坂(ともさかりえさん)の先輩・中野(板尾創路さん)の研究を奪った過去を認める。高梨がライバル会社「ハッピースマイル」の知財部員と会っていたことも明らかになり……。

 原作は奥乃桜子さんの小説「それってパクリじゃないですか? ~新米知的財産部員のお仕事~」(集英社)で、知的財産に絡む闘いがテーマのオフィスドラマ。お人よしの新米社員の藤崎亜季と、妥協ゼロのエリート上司、北脇雅美という“水と油コンビ”が奮闘する姿を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事