らんまん:かるやきが救世主に? 万太郎と寿恵子の“笑顔”取り戻す! 「やっと明るくなった」「大事なアイテム」

NHK連続テレビ小説「らんまん」第91回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「らんまん」第91回の一場面(C)NHK

 神木隆之介さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「らんまん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第91回が、8月7日に放送され、園子を失った万太郎(神木さん)と寿恵子(浜辺美波さん)が、笑顔を取り戻す様子が描かれた。

ウナギノボリ

 園子を失った悲しみからなかなか立ち直れないでいた万太郎と寿恵子。ある夜、寿恵子は「園ちゃんの夜泣きが聞こえた気がして……」と思わず家を飛び出す。

 心配した万太郎はすぐに追いかけ、自分を責める寿恵子をなだめる。そして「わしらも園ちゃんに会いに行く。そのときに、図鑑を持っていけるように、精いっぱい頑張るき」と言葉をかけた。

 その後、万太郎は寿恵子の母・まつ(牧瀬里穂さん)から“かるやき”の作り方を教わる。完成したかるやきにかぶりついた寿恵子は「うん、甘い。おいしいです」と笑顔を見せ、さらに2人目の子供の胎動を感じる。

 寿恵子は「この子も欲しがってるみたい」と話し、万太郎は「元気じゃのう」と笑顔でかるやきを渡した。

 SNSでは「かるやきがこんなに大事なアイテムになるなんて」「ずっと暗かった画面が、最後やっと明るくなった。かるや……救世主」「万太郎と寿恵ちゃん。2人には笑顔がよく似合う!」「少しずつでも笑顔が戻って本当によかった」といったコメントが集まった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画