ばらかもん:第10話 “清舟”杉野遥亮「書道家をやめる」と宣言 五島に恩返しを

連続ドラマ「ばらかもん」第10話の一場面(C)フジテレビ
1 / 6
連続ドラマ「ばらかもん」第10話の一場面(C)フジテレビ

 俳優の杉野遥亮さん主演の連続ドラマ「ばらかもん」(フジテレビ、水曜午後10時)第10話が9月13日に放送される。

 清舟(杉野さん)は書道家をやめると宣言し、なる(宮崎莉里沙ちゃん)と五島列島へ帰る決意を固める。旅立ちの日、マネジャーの川藤(中尾明慶さん)は「ウチとの契約を切るってどういうことだ?」と清舟に怒りをぶつける。清舟は書道教室を開き、なるたちの先生になって村に恩返ししたい、という自分の思いを伝える。

 川藤は納得せず「金にならないヤツとは付き合うだけムダだ」と言って去る。なるは、このまま2人の関係が終わってしまうのでは、と落ち込む。

 五島へ戻った清舟となるを出迎えたのは、仕事から逃げて清舟宅に滞在していた康介(荒木飛羽さん)。康介は、書道家をやめることを清舟に伝えるが、清舟から「オレもやめるぞ!」と言われて固まる。

 美和(豊嶋花さん)は実家の酒店が経営難で巌(宍戸開さん)が店をたたもうとしているようだと周囲に悩みを話す。浩志(綱啓永さん)が長崎の料亭の採用試験に落ちたと郷長(飯尾和樹さん)に聞いた清舟は……。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画