新婚さんいらっしゃい!:3年間“アッシー君”だったタイ人夫の過呼吸プロポーズ 結婚のあいさつで妻が“ささやき女将”に?

「新婚さんいらっしゃい!」の一場面=ABCテレビ提供
1 / 6
「新婚さんいらっしゃい!」の一場面=ABCテレビ提供

 藤井隆さんと井上咲楽さんがMCを務める長寿バラエティー番組「新婚さんいらっしゃい!」(ABCテレビ・テレビ朝日系、日曜午後0時55分)。9月24日の放送では、中学校の英語教員を務める日本人の妻と新千歳空港の保安検査場で働くタイ人夫の国際結婚カップルが美しいタイの民族衣装で登場する。

 2人が出会ったのは、妻がタイの日本人学校に赴任した5年前。到着後わずか1週間で携帯電話が壊れるというハプニングに見舞われた妻は、現地の携帯ショップに駆け込むも、英語が全く通じない。タイ語もわからず困っていたところに、「エクスキューズミー」と英語で助けてくれたのが夫だった。携帯電話も無事に直ったが、夫は店員でもなんでもなく、ただの通りすがりの人。妻の可愛さに一目惚(ぼ)れして、思わず声をかけてしまったという。妻は感謝しつつも立ち去ろうとしたところ、「LINE、LINE、LINE!」と夫が猛プッシュ。勢いに押された妻は、タイの友だち第一号として、夫と連絡先を交換することになった。

 それから夫は、朝晩欠かさずLINEでアプローチ。Google翻訳を駆使して日本語で一生懸命メッセージを送った甲斐があり、その後は定期的に食事に行く仲に。しかし妻にとって夫は、タイを案内してくれるただの“お友だち”。一方の純粋な夫も、恋心を1ミリも伝えることができずに、食事の度に妻を車に乗せて送り迎えをする日々。今や死語の“アッシー君”状態のまま、3年間が経過してしまった。

 事態が急変したのは、妻の赴任の任期が終わる直前。もうすぐ帰国すると伝えると、「あなたがいないと死んじゃう」と夫は大号泣。過呼吸のようになりながらも「僕が一生守ります。結婚してください!」と覚えたてのフレーズを絞り出して決死のプロポーズ。妻はいきなりの結婚話に驚いたものの、夫を独りにする不安とともに、「この人が不幸になるのは嫌だ」と夫の存在の大きさに気づき、彼の申し出を受け入れたという。

 その後、結婚のため、夫は母国タイに別れを告げ、日本へ移住。さらに妻の父への結婚のあいさつのため日本語を猛特訓。だが、いよいよ迎えた本番当日、いざ父と初対面すると緊張がピークに。言葉も出ずに完全にフリーズしてしまった夫を救ったのは、横に座る妻の機転をきかせたある妙技だったという……。初めて出会った携帯ショップでの恩返しとも言える“令和のささやき女将”ぶりが明かされる。さらに、新婚生活の話題では、純朴でほんわかした夫が実はハードコアパンクバンドのギタリストだという意外な素顔も発覚する。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事