虎に翼:岩田剛典が朝ドラ初出演! イケメンな男子学生・花岡悟役 寅子たちを鼻で笑う?「フフ…来た来た」

NHK連続テレビ小説「虎に翼」で花岡悟を演じる岩田剛典さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」で花岡悟を演じる岩田剛典さん (C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第15回が、4月19日に放送され、終盤、岩田剛典さんが花岡悟役で登場した。

ウナギノボリ

 第15回では、実際の事件を調べるため、まんじゅうを作ってみることにした寅子(伊藤さん)たち。すると涼子(桜井ユキさん)が急に謝罪したいと言い出す。涼子が調べたところ、学長(久保酎吉さん)が元の事件を脚色し、かわいそうな女性を女性たちが弁護しているように見えるよう改変していたらしい。

 事実を知り、憤慨する寅子やよね(土居志央梨さん)たち。一方、花江(森田望智さん)も抱えていた思いを吐き出す……と展開した。

 岩田さんは朝ドラ初出演。演じる花岡は、社交的で学生たちの中心的な存在。女子部卒の学生たちにも心を開き、行動を共にする。女性から大人気で、寅子にとっても気になる存在となる……。

 同回の終盤では、明律大学法学部本科へと進学した寅子、よね、涼子、梅子(平岩紙さん)、香淑(ハ・ヨンスさん)が、久保田(小林涼子さん)と中山(安藤輪子さん)の両先輩と再会して喜ぶ様子を、花岡が少し離れたところからながめ、「フフ……来た来た」とつぶやく姿が描かれた。

 SNSでは「イケメン出た!」「ん? 嫌なヤツ?」「鼻で笑うイケメン登場」「いやーなイケメン」「クセある演技を期待してます」といった感想も書き込まれた。

 「虎に翼」は、日本初の女性弁護士で、後に裁判官を務めた三淵嘉子さん(1914~84年)の人生をモデルとしたオリジナルストーリー。ヒロインの寅子とその仲間たちが、困難な時代に道なき道を切り開き、迷える子供や追いつめられた女性たちを救っていく姿を描く、リーガルエンターテインメントだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画