虎に翼:「俺には分かるよ」の直道が花江&はるをナイスフォロー ブレない“人の良さ”を視聴者も高評価

NHK連続テレビ小説「虎に翼」で上川周作さん演じる猪爪直道 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」で上川周作さん演じる猪爪直道 (C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第15回が、4月19日に放送され、寅子(伊藤さん)の兄で、花江(森田望智さん)の夫の直道(上川周作さん)の言動が、視聴者の注目を集めた。

ウナギノボリ

 第15回では、法廷劇の元となった実際の事件を調べるため、まんじゅうを作ってみることにした寅子(伊藤さん)たち。すると涼子(桜井ユキさん)が急に謝罪したいと言い出す。涼子が調べたところ、学長(久保酎吉さん)が元の事件を脚色し、かわいそうな女性を女性たちが弁護しているように見えるよう改変していたらしい。

 「都合よく使われた」ことに憤慨する寅子やよねたち。一方で寅子の母・はる(石田ゆり子さん)は、自分の娘が志を同じくする仲間を得られたことを喜び、「どうかこれからもみんなで一緒にいろいろなことを考え抜いてちょうだい」と同級生たちに呼びかける。

 すると、その背後で「自分は独りぼっち」だという花江が涙。寅子たちの話を聞いていても輪に入れず、自分は「戦わない女側」であることが「つらい」と告白。親友だった寅子からも、みんなに「兄の嫁」と紹介されたことがショックだったと明かす。

 さらに花江は「私はお義母さま(はるのこと)がほめてくれないのが嫌。どんなにおうちのことを頑張っても、お料理も一度もほめてくれない。いっつもお砂糖足してしまう」と言って、はるを驚かせた。

 そこに姿を現したのが直道。「ああ、お母さんの味は甘めだよな。(故郷の)丸亀の味。分かる。俺には分かるよ、お母さん。大好きな息子を取られたみたいでさみしいんだろ。でも、ごめん。俺は花江ちゃんの味方。花江ちゃんが一番」と花江に寄り添ってみせる。

 続けて「だから、この家、出ようかな」と言い出すと、「2人で顔色気にしてばっかじゃ、本当に嫌いになっちゃうでしょ? 俺は、それは嫌だな」と花江とはるの両方を気遣い、「けど、あれだね。思っていること口に出していかないとね。うん、その方がいい!」と笑顔で勝手に話をまとめた。

 SNSでは、ブレない直道を高評価。「直道わかってるけどわかってないwww」「直道、ズレてるけどずっと優しい」「兄なにもわかってないけど、いい旦那だな」「ナイスフォロー! 勘違いもあるけど」などと視聴者は反応。「お兄ちゃん最高じゃん」「寅ちゃんのお兄ちゃん。やっぱりすてきな人。花江ちゃん見る目あるなぁ」「この時代に、このお兄ちゃんは先進的だな。いい人と結婚できたよね花江ちゃん」といった感想も書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画