明日の虎に翼:5月21日 第37回 優三が語る夢 やがて、猪爪家に“うれしい知らせ”

NHK連続テレビ小説「虎に翼」第37回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「虎に翼」第37回の一場面 (C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、第8週「女冥利に尽きる?」を放送。5月21日の第37回では……。

ウナギノボリ

 昭和17(1942)年3月。直言(岡部たかしさん)の工場は軍からの注文が途切れず、順調に稼働を続けていた。

 戦時下で食べ物が貴重になる中、優三(仲野太賀さん)は一緒においしいものを食べて寅子(伊藤さん)を元気づけようとする。その夜、寅子は優三に「どんな弁護士になりたかったか」とたずねる。「法律の本を出すことが夢だった」と明かす優三と、仲むつまじく語り合う寅子。やがて、猪爪家にうれしい知らせが舞い込む。

 「虎に翼」は、日本初の女性弁護士で、後に裁判官を務めた三淵嘉子さん(1914~84年)の人生をモデルとしたオリジナルストーリー。ヒロインの寅子とその仲間たちが、困難な時代に道なき道を切り開き、迷える子供や追いつめられた女性たちを救っていく姿を描く、リーガルエンターテインメントだ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画