虎に翼:「その名前で呼ばないで」 ヒャンちゃん、寅子との再会に笑顔ナシ 「しんどい」「本当は喜びたいはず」

NHK連続テレビ小説「虎に翼」第54回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」第54回の一場面(C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第54回が、6月13日に放送され、寅子(伊藤さん)と香淑(ハ・ヨンスさん)が再会を果たした。

ウナギノボリ

 前日第53回の最終盤で再登場した香淑だが、寅子と顔を合わせると気まずそうな表情をしていた。

 第54回では、寅子が「ヒャンちゃんだよね?」と声をかけると、香淑は「その名前で呼ばないで」と拒む。酔っ払った夫の汐見(平埜生成さん)を心配し、「いま(水を)持ってくるね」と寅子とは目を合わせようともしなかった。

 寅子は「はて?」と戸惑い、「今のって、崔香淑ですよね?」と多岐川(滝藤賢一さん)に尋ねる。多岐川は「しまった! 香子ちゃんに絶対、佐田君を家に連れてくるなって言われてたのに! 帰ってくれ! すまん!」と慌てて寅子を家から追い出した。

 次の日、汐見は香淑との結婚を黙っていたことを寅子に謝罪する。そして「崔香淑のことは忘れて私のことは誰にも話さないで。トラちゃんはトラちゃんの仕事を頑張って」と香淑からの伝言を伝えたのだった。

 SNSでは「その名前で呼ばないでって、国を捨てた、捨てざるを得なかったってことか」「『その名前で呼ばないで』はしんどいのよ。あなたの名前はヒャンスクなのに」「ヒャンちゃんも本当なら寅子との再会を喜びたいはず」「ヒャンちゃんは寅子に会うつもりはないのかなぁ……」といった感想が書き込まれていた。

テレビ 最新記事