アニメ「わんだふるぷりきゅあ!」のあらすじ
(毎話紹介)の記事一覧 過去の関連記事も掲載

最終更新
記事

この「わんだふるぷりきゅあ! あらすじ」ページは「わんだふるぷりきゅあ!」のあらすじ記事を掲載しています。

最新あらすじ記事

わんだふるぷりきゅあ!:第24話「不思議すぎるたまご」 ニコガーデンを創造したニコの卵!?

「わんだふるぷりきゅあ!」の第24話「不思議すぎるたまご」の一場面(c)ABC-A・東映アニメーショ

 人気アニメ「プリキュア」シリーズの第21弾「わんだふるぷりきゅあ!」の第24話「不思議すぎるたまご」が、ABCテレビ・テレビ朝日系で7月14日午前8時半に放送される。

 キラリンスワンを助けたことで、ニコガーデンには9人のキラリンアニマルが全て戻ってきた。ニコダイヤにも輝きが戻り、光が広がってニコガーデンも本来の姿を取り戻す。そんな中、ひときわ大きな輝きと共に、ツノのついた卵があらわれる。そのツノを見たメエメエたちは「ニコガーデンを創造したニコの卵だ」とざわめく。

 復活したニコガーデンを歩き回るこむぎたちは、改めてアニマルたちからお礼の言葉をかけられる。しかし、まだ行方不明のアニマルがいるのだという。その日の夜中、眠っていたいろはは、突然のまぶしい光で目を覚ます。気づくと、布団の上にはニコの卵が乗っかっていた。急いでニコガーデンのメエメエのもとに駆けつけると、驚いたメエメエは卵を動けないよう柵のあるベッドの上に固定するが、翌朝、卵は再びいろはの布団の上に現れる。

 「わんだふるぷりきゅあ!」のモチーフは「動物」、キーワードは「みんな なかよし!わんだふる~!」。動物と人が仲良く暮らす街・アニマルタウンを舞台に、犬と飼い主、猫と飼い主など動物と人の間に紡がれる深い絆、種族を超えた交流を描く。2004年にスタートした同シリーズでは初めて“犬のプリキュア”が登場することも話題になっている。

 長縄まりあさんがキュアワンダフル/犬飼こむぎ、種崎敦美さんがキュアフレンディ/犬飼いろは、松田颯水さんがキュアニャミー/猫屋敷ユキ、上田麗奈さんがキュアリリアン/猫屋敷まゆをそれぞれ演じる。

 ※第24話のスタッフ(敬称略)

 脚本:井上美緒▽演出:ひろしまひでき▽絵コンテ:佐々木憲世▽作画監督:沼田広、ジョーイ・カランギアン▽美術:徐柱星、上原里香、山口大悟郎

「わんだふるぷりきゅあ!」 あらすじ関連記事一覧

- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -