ハリー杉山:NBAにどっぷり ロッドマンきっかけに“ハマる”

WOWOWが生中継した「NBA」の「ゴールデンステイト・ウォリアーズVSボストン・セルティックス」にゲスト出演したハリー杉山さん=WOWOW提供
1 / 1
WOWOWが生中継した「NBA」の「ゴールデンステイト・ウォリアーズVSボストン・セルティックス」にゲスト出演したハリー杉山さん=WOWOW提供

 タレントのハリー杉山さんが19日、WOWOWで生中継された米プロバスケットボールリーグ「NBA」の「ゴールデンステイト・ウォリアーズVSボストン・セルティックス」にスタジオゲストとして出演後、取材に応じた。同局のNBA番組に初出演で、NBAに関する仕事もほぼ初めてというハリーさんに、NBAに“ハマった”きっかけやNBAの魅力、今季の展望などを聞いた。

 自身を「サッカーとクリケットで生きてきた人間」と話すハリーさん。NBAとの出合いについて、「英国の男子校の寮生活で、放課後、友人たちとバスケットボールをして遊んでいて、NBAの知識は彼らから吹き込まれた。2000年代の話です」と明かし、「最近またどっぷり“ハマった”きっかけは、今年ラジオで(NBAで活躍した)デニス・ロッドマンと話す機会があって、話していてこれ面白いかもしれないと。それでもう一回勉強し直した」と語る。

 NBAの魅力については「最大の魅力はミラクルのような大逆転劇があり得ること。第3クオーターで負けていてもひっくり返せる。1秒あれば(3ポイントシュートで)3点決めて一気に大どんでん返しとか。このスリルがたまらない。変化が訪れるスピード感が“ハンパない”ですね」と語る。

 さらに、「肉体と肉体のぶつかり合いもですね。大胸筋と大胸筋がぶつかったり、肩と肩がぶつかったり。ボールとは別のところで“マークの格闘”が見られる。“球技の格闘技”だと思う。インテリジェンスが必要なところもそうですね」と魅力を熱弁する。

 そんなハリーさんのお気に入りのチームはオクラホマシティ・サンダーで、「僕はラッセル・ウェストブルック選手が大好きで、彼の魅力は並外れた身体能力。人間じゃないような“ビースト”みたいな能力、アジリティー、スピード。なのにプライベートはいいやつで優しくて。応援しなきゃいけないような感じ。僕はウェストブルック信者」と笑顔を見せる。

 今季の優勝予想を聞くと、「応援するチームとは違いますね。今日の試合を見ると、ウォリアーズがめちゃくちゃ強いんですが、(ロサンゼルス・)クリッパーズも調子がいいし、難しいところ。でも、予想でいうと去年に引き続き(クリーブランド・)キャバリアーズかな。どこかでウォリアーズが崩れるような気がする」と展望した。

 ハリーさんは、サッカーやNBAのほか、野球観戦もするスポーツ好き。「今年一番見たのは野球で、よく神宮球場に行きました。(広島東洋)カープが好きなので。『お前にわか(ファン)だろ』とよく言われるけど、僕は川口(和久)、大野(豊)、北別府(学)のあの時代から母と一緒に(東京)ドームに行っていたんです。こういう英国とのハーフが『バスケ? 野球? 何言っているの、サッカーだろ?』って(言われるけど)。でもそういう“熱”もあります」と意外な一面も明かす。

 今回、WOWOWのNBA番組に初出演したハリーさん。「“(NBA)ファミリー感”が今の時点ですぐに生まれたというのが、僕みたいな素人でもウエルカムなんだなって、うれしかったです」と笑顔を見せ、「僕は細かいところが好きなので、(解説の人の)話を聞きたくなってしまう。もっと呼んでほしいですね」と語っていた。

 WOWOWでは、「NBA」2016-17シーズンを毎週5試合、生中継。毎週土曜はNBA好きの著名人をゲストに迎える「スーパーサタデー!」を放送している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画