MANTANWEB(まんたんウェブ)

吉高由里子:安田顕の首絞める? 連ドラ「正義のセ」撮影現場で会見

ブック テレビ
連続ドラマ「正義のセ」に出演する(左から)三浦翔平さん、吉高由里子さん、原作者の阿川佐和子さん、出演者の安田顕さん

 4月11日スタートの連続ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系、水曜午後10時放送)で主演を務める女優の吉高由里子さんと共演の安田顕さんらが4日、撮影している生田スタジオ(川崎市多摩区)で会見した。クランクインから約1カ月が経過し、吉高さんは安田さんにいたずらを仕掛けるなど、和気あいあいとしたムードで撮影が進んでいる様子だった。

 新米の女性検事・竹村凜々子役の吉高さんは「凜々子が失敗しながら学んでいくドラマ。専門用語などが多くてせりふがスムーズに言えないですが、私もめげずに1クールやっていきたいです」と意気込みを語った。凜々子担当の検事事務官・相原勉を演じる安田さんは、吉高さんの印象について「(せりふの言い間違いなど)ほかの人がやると『ふざけるなよ』ってなるけど、この人がやると明るくなる(笑い)」と撮影を振り返った。

 また安田さんは、吉高さんについて「誰にも見えないところで首を絞めるのはやめて」と暴露。吉高さんは「安田さんは最初、怖い印象だったけど、全部を受け止めてくれるから、いたずらが過剰しちゃって(笑い)」と話すと、安田さんは「なるべく人目があるところでやってね」と懇願していた。この日の取材には、三浦翔平さん、塚地武雅さん、平埜生成さん、夙川アトムさん、原作者の阿川佐和子さんも出席した。

 ドラマは、小説「正義のセ」シリーズ(角川文庫)が原作で、吉高さん演じる真っすぐすぎるほど真っすぐな新米女性検事・竹村凜々子が仕事に恋に悪戦苦闘しながら、持ち前の正義感で事件解決に挑み、同僚や家族に支えられながら成長していく姿を描く。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る