MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週の警視庁・捜査一課長:第2話 “謎のご祝儀袋”を持った女性遺体…謎多き殺人事件の真相に大岩らが迫る!

テレビ
連続ドラマ「警視庁・捜査一課長シーズン3」第2話のシーンカット=テレビ朝日提供

 俳優の内藤剛志さん主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長シーズン3」(テレビ朝日系、木曜午後8時)の第2話が19日、放送される。“謎のご祝儀袋”を持った女性の刺殺体が発見され、警視庁捜査1課の課長・大岩純一(内藤さん)らが、結婚式を舞台に起きた謎多き殺人事件の真相に迫る。

 「警視庁・捜査一課長」は、ヒラの刑事からはい上がった“たたき上げ”の主人公、警視庁捜査1課の課長・大岩純一が、400人の精鋭刑事を率いて苦悩しながらも重責を乗り越え、難事件に立ち向かっていく姿を描いた人気シリーズ。2012年に同局の2時間ドラマ枠「土曜ワイド劇場」で始まり、16年4月に「木曜ミステリー」枠で連続ドラマ化された。

 第3弾となる今作には、1994、95年に放送された名作ドラマ「家なき子」(日本テレビ系)以来、内藤さんと約23年ぶりに連続ドラマでのレギュラー共演となる女優の安達祐実さんが加入したほか、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之さんも加わった。

 第2話は、金額欄に「百万円」と書かれているにも関わらず、中には1000円札が1枚しか入っていない“謎のご祝儀袋”を持った「樋口物産販売」の総務課長・三波圭子(宮田早苗さん)の刺殺体が発見される。捜査1課長の大岩は、運転担当刑事の奥野親道(塙さん)と現場に向かう。

 事件当日、圭子は部下の社員・一色貴代(柳ゆり菜さん)と親会社「樋口物産」の社長の息子・樋口淳史(岩永徹也さん)の結婚式に参列していた。圭子は式が終わる午後12時半ごろまで式場にいたが、午後1時からの披露宴には姿を見せなかったという。

 出席者からの証言で、式の最後にあったブーケトスで新婦が同僚の立花美穂(黒川智花さん)に向けて投げたブーケを、圭子がダイビングキャッチするというハプニングがあり、美穂も披露宴を欠席していたことが分かる。しかし、圭子が奪い取ったはずのブーケがどこにも見当たらず、参列者全員で指印を押して作り上げる“ウエディングツリー”の色紙もなくなっていた。大岩らは、美穂の行方を追うが……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る