MANTANWEB(まんたんウェブ)

ディーン・フジオカ:吉沢亮と抱擁 「勝手に、他人じゃない気がして…」

テレビ
スペシャルドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」の完成披露試写会に登場したディーン・フジオカさん

 俳優のディーン・フジオカさんが25日、2019年1月に放送されるフジテレビ開局60周年特別企画のスペシャルドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」の完成披露試写会に登場。文豪ヴィクトル・ユゴーの名作をドラマ化した本作に「平成最後の年に、歴史的名作を作ることになりました。次の時代につなげていくっていう気概も伝わったらいいなと思います。見応えのある作品になっていると思います」と自信を見せていた。

 ヴィクトル・ユゴーが1862年に発表した世界的名作「レ・ミゼラブル」は、18~19世紀のフランス革命の時代を舞台に、一斤のパンを盗んで19年投獄された男の30年を描いた作品。ドラマ版は舞台を日本に移し、設定を平成の30年間に置き換える。平成の社会的事象を映しながら、過去に罪を犯して別人に成り代わって生き抜いた馬場純(フジオカさん)と、事件の被害者遺族で彼を追い続けた刑事の斎藤涼介(井浦新さん)を中心としたサスペンス作品となっている。

 イベントには井浦さん、山本美月さん、吉沢亮さん、香里奈さん、奥田瑛二さんも登場。フジオカさん演じるの馬場純の青年期を、吉沢さんが演じている。フジオカさんは吉沢さんについて「今日初めましてだったけど、親近感を感じます。勝手に、他人じゃない気がしています」と語ると、吉沢さんは「(対面時に)『ディーンさんだ、すげぇ!』って思いました。気付いたら隣にいらっしゃって、思わず『うぁー!』って言っちゃいました」と感激していた。

 2人の様子に井浦さんは、「うわべだけの関係でやっているんだなって思いました。“チーム斎藤涼介”は、若い頃を演じた清水尋也くんの演技をちゃんと見て、バトンを渡す授与式もしました。完璧な状態で演じることができたんですけど、馬場純の関係はそんなにペラペラだったんだ……」とぽつり。フジオカさんは「じゃあ、握手と抱擁を今やっておきましょうか」と吉沢さんとハグを交わすと、会場から黄色い歓声が上がった。

 ドラマは2019年1月6日午後9時放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る