MANTANWEB(まんたんウェブ)

絶対正義:戦慄の最終話「全員絶望」 正義のモンスター・山口紗弥加が復活 田中みな実らは…

テレビ
連続ドラマ「絶対正義」の最終話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)の最終話が23日に放送される。予告では「戦慄(せんりつ)の最終話」「全員絶望」「範子の復活」「律子のたくらみ」というテロップと共に、由美子(美村里江さん)、理穂(片瀬那奈さん)、和樹(桜井ユキさん)、麗香(田中みな実さん)の前に、範子(山口さん)が現れるシーンなどが収められている。放送は深夜0時10分から。

 範子の娘・律子(白石聖さん)は、刑務所から出所した由美子、理穂、和樹、麗香を山奥のログハウスに連れ出す。亮治(神尾佑さん)がカメラを回す中、律子は由美子らに「高規範子は生きていました。率直な感想は?」と問いかける。

 同じ頃、警察は、教師の矢沢剛志(水橋研二さん)の殺害で逮捕状が出ている範子が病院から脱走したと公表。指名手配し、範子の行方を追っていた……というストーリー。

 正義のモンスター・範子と数奇な運命で結ばれた由美子、理穂、和樹、麗香の親友たち。範子と同じく正義にとりつかれた律子……。「正義とはいったい何なのか? 誰のためのものなのか?」、予想外の結末が描かれる。

 原作は、読後に嫌な気分になる「イヤミス小説」で話題を集める秋吉理香子さんの同名小説(幻冬舎文庫)。山口さん演じる、法律を唯一の価値基準として生きる正義のモンスターで“最恐主婦”の高規範子が、周囲の人間を翻弄(ほんろう)し運命を狂わせていく姿を描く心理サスペンス。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る