きのう何食べた?:第12話最終回 最強ヒロイン・内野聖陽、西島秀俊をバックハグ! シロさんの実家へごあいさつ

テレビ
連続ドラマ「きのう何食べた?」第12話の場面写真 (C)「きのう何食べた?」製作委員会

 俳優の西島秀俊さん、内野聖陽さんダブル主演の連続ドラマ「きのう何食べた?」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)の最終・第12話が6月28日放送される。正月を迎え、西島さん演じるシロさんが、内野さん演じるケンジを初めて実家へ連れて帰る……という、最終回にふさわしい大事件が描かれる。

 「ヒゲをそるか否か」で当日朝まで悩み続けたケンジ。「今のままでいい」とサラッとシロさんに声をかけられて落ち着きを取り戻す。とはいえ、実家に着くと、さすがにシロさんの顔もこわ張り、出迎えた母の久栄(梶芽衣子さん)と父の悟朗(田山涼成さん)も、緊張で言葉がなかなか出ない。

 ひょんなことで悟朗と二人きりにされてしまったケンジは、悟朗の提案で、シロさんの卒業アルバムを一緒に見ることに。ケンジは、シロさんの可愛らしさにはしゃぎたいところをぐっとこらえる。高校生のシロさんが「よく勉強をする子だった」と思い出を語る悟朗に、ケンジは自身の思いを語る……という展開だ。

 予告映像では、緊張の面持ちで「明けましておめでとうございます!」と頭を下げるケンジや、シロさんの後ろからケンジが抱き付いて幸せそうな様子が公開されている。

 原作は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中のよしながふみさんの同名人気マンガ。2LDKのアパートで同居する、料理上手できちょうめん、倹約家の弁護士・筧史朗(通称シロさん)と、シロさんの恋人で人当たりのいい美容師・矢吹賢二(通称ケンジ)の食卓を通して浮かび上がる、男2人暮らしの機微を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る