MANTANWEB(まんたんウェブ)

エール:来春朝ドラで山崎育三郎&中村蒼が窪田正孝の幼なじみに 森山直太朗は恩師に

テレビ
来年春から放送予定の朝ドラ「エール」に出演する山崎育三郎さん=NHK提供

 俳優の窪田正孝さん主演で、来年春から放送予定のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の追加キャストが9月6日、発表された。菊池桃子さん、佐久本宝さん、山崎育三郎さん、中村蒼さん、森山直太朗さんが朝ドラに初出演をするほか、唐沢寿明さん、風間杜夫さんも出演する。

 唐沢さんは主人公・古山裕一(窪田さん)の父の古山三郎、菊池さんは裕一の母の古山まさ、佐久本さんは裕一の弟の古山浩二、風間さんは裕一の伯父の権藤茂兵衛、森山さんは裕一の恩師の藤堂清晴を演じる。山崎さんと中村さんは、裕一の幼なじみの佐藤久志、村野鉄男をそれぞれ演じる。

 山崎さんが演じる久志は、古山裕一のモデルとなっている作曲歌・古関裕而さんの親友で歌手の伊藤久男さんがモデル。山崎さんは「憧れの連続テレビ小説初出演、大変光栄に思います。子供のころから芝居と同じだけ歌を歌ってきた僕にとって、この役との出会いは宝です。歌手という役柄に初めて挑戦するので、芝居と音楽に誠実に向き合い、佐藤久志としてこの時代を懸命に生きたいと思います」と意気込みを語っている。

 中村さんは「さまざまな物事に対して、悩んで後ろ向きになってしまったり立ち止まったりしてしまうことが多い自分ですが、今作の台本を読んで登場人物のせりふや行動に力をもらいました。そのような作品に携われる喜びを感じております。そして自分が今作からもらった力を視聴者の皆さんにも届けられたらなと思っています」とコメント。

 ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)に出演していた佐久本さんは「初めに、『エール』の台本を読ませていただいた時、胸が躍る感覚になりました。古山浩二という人間を生きられること、また、縁のある福島という地が古山家の舞台というのもすごくうれしいです。大先輩方のお力をお借りして、魂でぶつからせていただきます」と話している。

 森山さんは「台本を読んで、自分にとってはモノクロームな時代を生き抜いた音楽家・古関裕而さんの葛藤と成長、そしてそれを取り巻く人々の活気ある姿が確かな色彩を持って感じ取れました。劇中にもたびたび出てくるオルガンやハーモニカを奏でるように、スタッフや出演者の皆さんと一つ一つ感情を積み上げていけたらと思います」と語っている。

 2020年度前期の朝ドラ「エール」の主人公は、福島県の作曲家・古関裕而さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる。ドラマは昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家、裕一とその妻、音の物語となる。音は二階堂ふみさんが演じる。

 主演の窪田さんは「素晴らしいキャストの皆様と1年の撮影を共にすることができ大変光栄に思います。また、唐沢さんや風間さんと再び共演できて心からうれしく感じています。皆様と芝居のセッションでどんな色彩の変化、感情の波が生まれるのか今から楽しみでなりません。全員で一つとなって素晴らしいエールにしたいと思います」とコメントを寄せている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る