高岡早紀:46歳で“永遠の28歳”役「いろいろ悩んだ」 9歳の娘も「え?」と驚く

10月5日にスタートする主演連続ドラマ「リカ」の制作発表会見に登場した高岡早紀さん
1 / 9
10月5日にスタートする主演連続ドラマ「リカ」の制作発表会見に登場した高岡早紀さん

 女優の高岡早紀さん(46)が10月2日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「リカ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の制作発表会見に登場。同作で、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばぬ狂気の純愛モンスターで“永遠の28歳”雨宮リカを演じる高岡さんは「“永遠の28歳”役なんて初めて」と笑い、「純愛モンスターというものを私が演じるとどのような化学反応が起きるのか、今までにない高岡早紀を見せられるのか、いろいろ悩みました」と明かした。

 “永遠の28歳”というキャラクターを演じることへの周囲の反応を聞かれると「私の娘が9歳なのですが、娘が楽しめるような作品ではないのですがちょっと見せてみようと思って。(第1話を事前に見せたら)私が『雨宮リカ、28歳です』(とせりふを言うシーンを見た)娘が『え? 若いっ!』と言っていました。『怖そうだから見ない』って言いながら意外と楽しんでいましたね」と苦笑いしつつ、語っていた。ドラマについては「とても素晴らしいホラーサスペンスになっています。自信作になっています」と語り、笑顔を見せた。

 ドラマは、五十嵐貴久さんの「リハーサル」「リカ」(幻冬舎文庫)が原作で2部作で描かれる。第1部では、リカが、小池徹平さん扮(ふん)する大矢昌史、第2部では大谷亮平さん演じる本間隆雄を、それぞれターゲットにする姿を描く。第1部は10月5日から、第2部は11月9日から毎週土曜午後11時40分に放送。

 会見には共演の小池さん、大谷さんも出席した。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る