明日のスカーレット:12月26日 第76回 直子が見知らぬ男を連れ帰郷

テレビ
NHKの連続テレビ小説「スカーレット」第76回の一場面 (C)NHK

 戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第13週「愛いっぱいの器」を放送。12月26日の第76回では……。

 常治(北村一輝さん)の葬儀が終わり、喜美子(戸田さん)と八郎(松下洸平さん)は久しぶりに落ち着いて言葉を交わす。武志が生まれて以来、すれ違いがちだった二人は本音でぶつかり合い、互いの思いを確認。夫婦の絆を深める。しばらくして東京で働く直子(桜庭ななみさん)が見知らぬ男・鮫島(正門良規さん)を連れて信楽に帰ってくる。喜美子が直子に常治の死に目に立ち会わなかった事情を問い詰めると直子の涙があふれ、ある事実が明らかに……。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラ。焼き物の里・滋賀県の信楽を舞台に、女性陶芸家の草分け、川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが手がけ、語り(ナレーション)をNHKの中條誠子アナウンサーが担当。主題歌は、ボーカリスト越智志帆さんのソロユニット「Superfly」のオリジナルソング「フレア」。

 第12週「幸せへの大きな一歩」では、コーヒー茶わん作りを通して、喜美子は陶芸にのめり込む。八郎も陶芸展で見事に入選し、2人の結婚が決まる。口では反対しているが内心、喜美子と八郎の幸せを願っている常治は、2人が暮らすための部屋を川原家に増築する。さらに喜美子にはコーヒー茶わんの注文が入り……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る