トップナイフ ―天才脳外科医の条件―:初回視聴率は13.0%と好発進 天海祐希が脳外科医役に初挑戦

テレビ
連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」主演の天海祐希さん

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系、土曜午後10時)の初回が1月11日に放送され、平均視聴率は13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進だったことが1月14日、明らかになった。

 ドラマは、外科医の中でも一握りの「手術の天才」の集う脳外科が舞台の医療ドラマ。0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャーと戦い、常に完璧を求められ、手術は全て成功して当たり前という最高の医師「トップナイフ」たちが抱える秘密などを巡る群像劇でもある。天海さんは脳外科医役に初挑戦。

 初回では、東都総合病院の“女帝”で脳神経外科医の深山(天海さん)が、 部長の今出川(三浦友和さん)から、新任の脳神経外科医・黒岩(椎名桔平さん)、西郡(永山絢斗さん)、小机(広瀬アリスさん)のまとめ役を押し付けられる。赴任早々、急患の対応を任され戸惑う小机の前に深山が現れ、患者の危機を救う。深山は現場で使い物にならない小机に早速いらだちを覚える。看護師たちの間では、腕の立つ“トップナイフ”の黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうとうわさされ……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る