徳重聡:「麒麟がくる」で明智家家臣役 可児市のゆかりの地を訪問

明智城を訪問した徳重聡さん=NHK提供
1 / 4
明智城を訪問した徳重聡さん=NHK提供

 俳優の徳重聡さんが1月19日、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公・明智光秀(長谷川博己さん)ゆかりの岐阜県可児市を訪問した。明智家家臣の藤田伝吾役でドラマに出演する徳重さんは、明智城について「なんとなく想像はしていましたけれど、思っていたより高台で、それこそ全部360度が見渡せて、敵がどの位置にどれぐらいの軍勢で来ているとか本当につぶさに分かったんだろうなと、そういうのを実際に登らせてもらってよく分かりました」と感想を語った。

 また天龍寺では「名前こそ彫られていなかったですけど、明智家代々の人たちのお墓がざーっとあって。そういう面では、僕は伝吾さんのお墓がどこかにあってということではないと聞いているので、初めて手を合わせて、今、こういうことをやらせていただいています、と報告しました」とコメント。

 さらに大河ドラマ館(可児市)では「すごいですね。細かく細かく再現された、光秀の館のジオラマ。360度の視点があるVRは、本当に自分が今まで見てきたNHKの光秀さんのセットを、お客さんが皆さんちゃんと自分の目線で見ていただけて、面白いですね」と感心していた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマで、1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんによるオリジナル脚本。私怨により本能寺で織田信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀を、史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写する。1月19日からNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。初回は30分拡大。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る